ハワイアンズグランピング マウナヴィレッジ

人気の秘密はハワイ体験
コロナ需要高まるグランピングとは

福島でハワイ気分!「マウナヴィレッジ」で大自然を満喫 福島でハワイ気分!「マウナヴィレッジ」で大自然を満喫

このページをシェア

マウナヴィレッジの公式サイトを見る
logo
グランピングサイト

映画「フラガール」でも有名な、福島県「スパリゾートハワイアンズ」。6つのテーマパークにはプールや温泉、フラガールショーなどが揃っており、子どもから大人まで楽しめるリゾート施設です。

スパリゾートハワイアンズ

2021年夏、敷地内にグランピングエリア「マウナヴィレッジ」がオープンしたので、さっそく泊まりに行ってみましょう!

マウナヴィレッジ

Reporter 小林さん

Reporter 小林さん

幼児2人を子育て中のライター。元図書館司書。幼少期にはアウトドア好きの父に連れられ、登山やキャンプに出掛けては、野山で本を読むのを楽しみにしていた。最近は子育てに追われ、アウトドアどころか、読書もままならない日々を送っている。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

ここ数年グランピングが流行っているのは知っているけど、子どもがまだ小さいし、コロナ禍に遠出するのも気が引けて、なかなかチャレンジできずにいました。

レポーターの小林さん、未経験のグランピングに少し不安気な様子。そこで、経験者に聞いたグランピングの魅力をまとめてみました!

01経験者に聞いた!グランピングの魅力

魅力

  • キャンプの経験がなくても気軽に楽しめる
  • キャンプよりも清潔感があり快適
  • スタッフがついているため安心
  • 手ぶら感覚で本格的なBBQを食べられる
焚火
内観
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

グランピングはキャンプの経験がなくてもスタッフがサポートしてくれるから、アウトドア体験を気軽に楽しめるみたい!グリルや調理器具も揃ってるから、手ぶら感覚で本格的なBBQを食べられます。

しかもグランピング施設は冷暖房完備で清潔なので、ホテルの客室のようにとっても快適です。子どもや赤ちゃんは体調を崩しやすいから、冷暖房付きなのは安心ですよね。室内もおしゃれで、大人のカップル旅行で行っても優雅な時間を過ごせそう♪

魅力

  • キャンプと違って道具の片付けがなく楽
  • 食事付きのため買い出しが不要
BBQ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

キャンプ道具の準備や片付けも全部任せられるなんて、贅沢ですね。キャンプ初心者からすると、キャンプに必要な道具を調べて準備して片付けて…考えただけで気がくじけそう。食材も持参しなくていいなんて助かります…!

魅力

  • 大自然の中で非日常感を楽しめる
焚火
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

昼は豊かな自然の中で体を動かして、夜は焚き火を囲みながら星空を眺めるなんて、すてきな思い出になりそう…♪

02まるでハワイ旅行?ハワイ好きなら一度は訪れたいマウナヴィレッジ

マウナヴィレッジ

グランピングの魅力を知ったところで、さっそくマウナヴィレッジへ!「マウナ」はハワイの言葉で「山」を意味します。水遊びを堪能できるハワイアンズとは対照的に、ハワイの大自然の風を感じるような山遊び――上質なアウトドア体験ができる施設です。

MAP
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

マウナヴィレッジはハワイアンズから車で5分ほどのところにあります。

首都圏から無料送迎バスもありますが、今回は車で来ました。マウナヴィレッジの駐車場はゴルフコースと共用で、オレンジ色の車止めが目印。無料で出し入れできるので便利です♪

まずは駐車場の側にあるクラブハウスでチェックイン。ここからはマウナヴィレッジの蓑 望(みの のぞみ)さん に案内してもらいましょう。

Reporter 蓑望(みの のぞみ)さん

Reporter 蓑望(みの のぞみ)さん

キャンプ経験は子供の頃だけでしたが、アウトドアやグランピングについて日々勉強中です。お客様のかけがえのない素敵なご滞在をサポートできるようがんばります!

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

クラブハウス内にはマウナヴィレッジ宿泊者専用のフロントがあり、15時からチェックインできます。チェックアウトは10時です。チェックイン前からハワイアンズで遊びたいお客様は、そのままハワイアンズにお越しいただき施設内のホテルで受付をすればご利用できます。

モバイルルーター
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

チェックイン時、ご希望があれば、Wi-Fiのモバイルルーターも無料で貸し出しています。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

マウナヴィレッジでは、アクティビティにバーベキュー、焚き火体験からスパリゾートハワイアンズまで楽しみたいことがいっぱいあるから、チェックインの時間が早いのはありがたい!山の中だとネット回線も気になるけど、これなら心配いらないね。

グランピングエリア

チェックインを済ませたら、さっそくグランピングエリアへ!フロントのあるクラブハウスから5分ほど歩くと、開放感ある丘に並ぶグランテント(手前)とウッドキャビン(奥側)の客室が見えてきました。

グランテント

今回小林さんが泊まるのは、白いとんがり屋根が特徴的な、グランテントタイプの客室。広いウッドデッキの上に、寝室にあたるテントと、タープで作ったBBQスペースが設けられています。グランテントにはセミダブルベッドが2台備えつけてありますよ。

内観
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

うちには1歳と4歳の子どもがいるけど、0~2歳は宿泊料無料だって!セミダブルベッドだから赤ちゃんと添い寝するスペースが十分にありそう。

内観
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

外から見ると「狭いかな?」と思うけど、中に入ってみると天井が高くて広々!それでいて隠れ家感もあるから、2人きりの時間を邪魔されず、静かに過ごしたいカップルにもぴったり♪インテリアもおしゃれで凝ってて、リゾート気分が盛り上がりますね。

内観
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

内装はハワイアンズのフラガールの衣装と同じデザインを採用し、ハワイアンテイストで統一しています。それぞれのテントで雰囲気が全然違うんですよ。どの部屋になるかは、当日までのお楽しみです!

内観
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

日本にいるのに、南国気分~♪

ランタン
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

テントにはコンセントもあって、空調も完備されているし、電気ケトルにミニ冷蔵庫もある。ホテルみたいな快適感だけど、ランタンもあってキャンプ気分も盛り上がりますね。

アメニティ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

アメニティも発見!フェイスタオルとハミガキセットの2つしかないみたい。アロハ・ムームーのレンタルもないみたいだから、パジャマは持ってきた方がいいかも。シャンプーとか基礎化粧品もないのかな?

大浴場
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

グランテントタイプにはお風呂がございませんので、クラブハウスの大浴場かハワイアンズでご入浴いただきます。そちらにアメニティのご用意がございますのでご安心ください。

クラブハウスの大浴場にあるアメニティ

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • 髭剃り
  • 基礎化粧品
  • クシ
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • フェイスタオル
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

これだけ揃ってたら十分だね。マウナヴィレッジは22時半には門を閉めてしまうそうなので、入浴するタイミングには気を付けて!

そういえば、テントの中にはトイレもないみたい。

トイレ
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

一般的なグランピング施設と同様、グランテントタイプにはトイレがありません。共用施設として宿泊者用のトイレがございますので、そちらをご利用ください。

トイレ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

共用のトイレまでは歩いて1~2分。洋式で温水洗浄付きだしとてもきれいなので、思っていたよりずっと快適でした!

ウッドキャビンタイプ
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

小さなお子さん連れでグランテントタイプが不安というお客様には、トイレとシャワーがついているウッドキャビンタイプへの宿泊をおすすめしております。

シャワー室
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

本当だ!部屋の中にシャワー室がついてる!

xxxxxxx
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

ウッドキャビンタイプには、お部屋の中にシンクも付いています。寝室にはシングルベッドが4台ありますので、小さなお子様と添い寝される際はベッド同士をくっつけてご利用ください。

BBQスペース

部屋の中の様子を見たところで、次は気になるBBQスペースへ。グランテントとウッドキャビン、すべての棟に併設されているBBQスペースには、テーブルセットとBBQグリル、ミニシンク、焚き火台があります。

BBQグリル
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

うわぁ…!本格的なBBQグリル!

シンク
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

シンクがあるので水道がすぐ使えるのは助かりますね。ハンドソープもあるし、BBQや焚き火で手が汚れてもすぐ洗えて便利!

BBQの食材は夕方になるとスタッフさんが届けてくれるみたいです。

カトラリー
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

BBQに必要な調理用バサミやトングもそろっています。食器類やカトラリーには木の温かみがあって、ナチュラルな感じがアウトドアにピッタリ♪

xxxxxxx
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

焚き火台を目の前に座ると、ハワイのような雄大な自然が目の前に広がります…!

そうだ、せっかくのBBQ、お肉と一緒にお酒も楽しみたいところですが、どこかで調達できますか?

ヴィレッジハウス
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

はい、管理棟(ヴィレッジハウス)で、17時 から飲み物を販売しています。

ドリンク
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

シャンパンやビールなどのアルコールのほか、ソフトドリンクも売ってるみたい。ハワイのトロピカルドリンク「ハワイアンサン」もあるよ!飲み物は持ち込み可能(持込料2,200円)ですが、これだけ種類が豊富だから、持ち込む必要はなさそう。

03ハワイのような雄大な自然で楽しむ「山遊び」アクティビティ

ここからは、グランピングをより楽しむためにマウナヴィレッジの魅力を紹介していきましょう。マウナヴィレッジといえば、ハワイの美しい山々を想起させる雄大な自然が特徴的。見晴らしのいい大自然の中で体験するアクティビティには、一味違う爽快感があります。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

マウナヴィレッジには山遊びを堪能できる、アクティビティスペースがあるとか…?

ヴィレッジパーク
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

宿泊者専用スペース「ヴィレッジパーク」のことですね!広々とした芝生の上で、自由に遊べますよ。ボールやバドミントンセットを無料レンタルしています。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

それはいいですね。シャボン玉やフリスビーで遊んでる家族も発見!なんだか私も遊び心が刺激されてきました…!

モルック
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

ヨーロッパで大人気のアウトドアスポーツ、モルック(500円)も借りられるんだって!

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

夜には花火もできるんですよ。管理棟(ヴィレッジハウス)で買うことができます。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

花火ができるのはうれしいな。普段は都内のマンションに住んでいるので、なかなか花火をしていい場所がなくて…。みんなで思い切り楽しんでも、パートナーと2人きりでゆったり楽しんでも、非日常気分が味わえそう。

夕焼け
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

都会と違って空も広いから、夕焼けもきれいに見えますね!今夜は星空にも期待できそう。

この日は天気がよかったので、日が暮れて昼から夜に移り変わるマジックアワーや、満天の星を楽しめたようです。

04福島県産の食材をふんだんに使用したBBQに舌鼓

グランピングの魅力といえば、やっぱりグルメ。なかでもBBQには期待しちゃいますよね!

食材
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

お部屋に届けてもらえるクーラーボックスの中には、お肉やお魚、お野菜などの食材がたっぷり!食べ物の持ち込みができないようですが、こんなに用意してもらえるのだから納得です。

BBQ
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

BBQでは福島牛や川俣軍鶏、福島県産の野菜など、地元の食材を取り入れた上質な食事が楽しめます。メニューは時期によって変わりますが、こんな感じです♪

BBQメニュー

  • 1オードブル(チーズフォンデュ)
  • 2福島県産野菜のポットサラダ
  • 3バーベキュー料理 (福島県産ミート盛り合わせ、魚介類、お野菜)
  • 4ご飯(焼きおにぎり)
  • 5スープ料理
  • 6デザート
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

子どものメニューは大人のメニューをベースにしたもの。肉メニューは、子どもでも食べやすいハンバーグやグリルチキンに変更してもらえます♪食材の量も調整できるそうですよ。

チーズフォンデュ
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

まずはコンロに火をつけて、肉や野菜を焼いておいて…焼けるのを待つ間に、ポットサラダやオードブルのチーズフォンデュを楽しんでくださいね。

ポットサラダ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

ポットサラダっておしゃれですよね〜新鮮な野菜の彩りが食欲をそそります♪チーズフォンデュも熱々でおいしい…!家ではなかなかできないから、うれしいな。

福島牛のステーキ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

メインはがっつり福島牛のステーキ!一枚肉なので、プレートの上で一口サイズに切り分けていただきます。お肉は厚みもしっかりあって、食べ応え抜群なのに、すいすい食べられちゃう。

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

味付けはシンプルに塩と胡椒で召し上がるとお肉のうま味が口の中に広がります。香りのいい「ステーキ醤油トリュフ」もおすすめです♪

朝食
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

BBQコンロは朝食でも活躍しますよ!大人の朝ごはんは、地元のパン屋さんのバケットを使ったサンドイッチがメイン。バケットも軽く焼くと、よりおいしく食べられます。

大人メニュー

  • 1モーニングサラダ
  • 2エッグサラダ
  • 3バケットパン
  • 4バター&フルーツジャム
  • 5スープ
  • 6フルーツ
  • 7飲むヨーグルト(福島県産酪王牛乳のヨーグルト)
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

幼児メニューのメインはパンケーキ。大人と子どもでシェアして、いろんな味を楽しんでみてはいかがでしょう♪

幼児メニュー

幼児メニュー

  • 1マカロニサラダ
  • 2エッグサラダ
  • 3パンケーキ
  • 4フルーツジャム
  • 5スープ
  • 6フルーツ
  • 7飲むヨーグルト(福島県産酪王牛乳のヨーグルト)

05キャンプ初心者も安心!贅沢なアウトドア体験

BBQもアウトドア体験の1つですが、グランピングで外せないのは焚き火ですよね。

焚き火
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

大自然に包まれ、木々の葉音を聞きながら楽しむ焚き火は格別です。共用ではなく、各棟に焚き火台が完備されているので、プライベート感もあります。ライターと着火剤、薪をご用意しているので、初心者でも簡単に焚き火が楽しめますよ。

焚き火
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

騒がしい日常を離れ、ゆっくりと流れる時間の中でただ揺らめく炎を眺めるなんて、とても贅沢…。揺れる炎をボーッと見ているだけで、すごく癒されます。

コーヒー
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

焚き火台では、焚き火体験のほかにコーヒー焙煎体験(1,200円~)や焼きマシュマロ(900円)もできますよ。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

焙煎体験!?コーヒー党なので、ぜひやってみたいです。焼きマシュマロは焚き火の定番スイーツですよね。火で炙るとすごくおいしいって聞いたことがあります。

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

焼きマシュマロ体験はお子さん連れのお客様に人気のアクティビティです。

06極上の空間ハワイアンズでリゾート気分を満喫

マウナヴィレッジの宿泊プランには、「スパリゾートハワイアンズ」の2日間分の入場券が含まれています。マウナヴィレッジとハワイアンズ間は無料のシャトルバスも出ているので、車がなくても気軽に遊びに行けます。

スパリゾートハワイアンズ
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

山遊びの次は水遊び♪まさに南国のリゾートに来た気分。大人気の屋内プールのスライダーでは、子どもから大人まで楽しそうに遊んでて賑やか。

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

オムツのとれていない乳幼児向けには、水遊び用のオムツをつけて遊べるベビープール「天使の水場」。オムツがとれたら子ども用のプールゾーン「ワイワイオハナ」で遊べます。無料で遊べる吊り橋やミニスライダーが、子どもたちに大人気です♪

フラガールショー
Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

ハワイアンズといえばフラガールショーも見逃せません。本格的な踊りとダンサーさんから伝わる情熱に、とっても感動しちゃいました。生で見ると、想像以上のスケールに圧倒されます…!

07首都圏からでも行きやすい便利なアクセス

マウナヴィレッジは東京から車で約2時間半。電車なら東京、品川、上野からJR常磐線の特別急行「ひたち」で最寄り駅の湯本駅 まで2時間ちょっと。首都圏からでも気軽に出掛けられます。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

私は車で来ましたが、首都圏であれば無料の送迎バスも使えるんですよね♪前回ハワイアンズに泊まった時には、バスを利用しました。お金もかからないし、運転の負担もないしで、本当に移動がラクでした。

便名 行き 帰り
出発 到着 出発 到着 到着最寄駅
東京便 10:00 13:15頃 15:30 19:00頃 東京駅日本橋口
早朝出発東京便 7:15 10:30頃 15:30 19:15頃 東京駅日本橋口
新宿便 9:30 13:15頃 15:30 19:00頃 新宿駅西口
横浜便 9:40 13:25頃 15:30 19:45頃 横浜駅西口
さいたま便 9:30 12:55頃 15:30 19:00頃 さいたま新都心駅
西口
      19:20頃 大宮駅西口
西船橋・松戸
(経由便)
8:45
(西船橋)
12:35頃 15:30 18:45頃 松戸駅西口
9:30
(松戸)
    19:30頃 西船橋駅北口
千葉・西船橋
(経由便)
8:30
(千葉)
12:45頃 15:30 18:45頃 西船橋駅北口
9:30
(西船橋)
    19:45頃 千葉駅前大通り
Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

無料送迎バス「ハワイアンズエクスプレス」は、東京や横浜、さいたま、千葉から出ていて、便利に利用できます。

Reporter 小林さん

レポーター:小林さん

マウナヴィレッジの近くには「アクアマリンふくしま」もあるんですよね。今度子どもと来た時には連れて行くつもりです。ここからどのくらいかかるのかなぁ。

Reporter 蓑さん

スタッフ:蓑さん

車で30分くらいです。楽しんできてくださいね♪

08マウナヴィレッジ利用者の声

レポーターの小林さんはマウナヴィレッジを満喫できたようですね。それではほかの利用者の声も聞いてみましょう。

もっとも多かったのはマウナヴィレッジの環境や施設に関する声です。

  • 静かで眺めもよく、とてものんびりできました
  • 自然の中でグランピングができて最高でした。
  • 外観も内装もおしゃれでした。
  • 外のお手洗いはあまり期待していなかったのですが、木のいい香りで最高でした

サービスに関する声も多く聞かれました。

  • スタッフの方も親切で、ホスピタリティがあり良かった
  • スタッフの皆さまとても丁寧で、気持ちよく過ごすことができました!

食事にも皆さんとても満足されたようですね。

  • ご飯がとても美味しかったです。
  • 夕食のバーベキューが量、質ともに大満足でした。
  • 食事はボリューム満点で、ドレッシングなどには愛情が感じられ、デザートもご当地グルメで良かった…。

グランピング初体験の方や、お子さん連れの方の声も参考になりそうです。

  • キャンプ初心者でも楽しめる。テントが素敵
  • キャンプの経験がなくても100%楽しめます。家族はたき火を特に楽しんでいました。
  • 子供たちにとっては初のグランピングで、とても良い思い出になりました。
  • 非日常感を味わえるから、大人も子供も楽しめました。
  • 子連れに優しく親切にしていただき、また来たいと思いました。
  • 3年連続で娘の誕生日旅行でハワイアンズにお世話になっています。マウナヴィレッジは初めてでしたが、これからは定番にしたいです。

09癒やしのハワイアン空間マウナヴィレッジで上質なグランピング体験を

福島でハワイ気分!「マウナヴィレッジ」で大自然を満喫 福島でハワイ気分!「マウナヴィレッジ」で大自然を満喫

「スパリゾートハワイアンズ」にあるマウナヴィレッジは、ハワイをイメージしたグランピングエリアとして、2021年夏にオープンしました。2022年7月1日にはエリアを拡張してテントを13張増設、アクティビティもさらに充実します!

アウトドア経験のない人でも、気軽にチャレンジできるグランピング。キャンプに付き物の、面倒な道具や食事の用意は不要。おしゃれで快適な空間で、のんびりと非日常感あふれるひと時が過ごせます。

ハワイのような開放的な大自然の中に、グランテントとウッドキャビン、2つのタイプの客室が並びます。各棟にBBQスペースが設けられているので、BBQや焚き火など、さまざまなアウトドア体験が楽しめますよ。

宿泊プランにはハワイアンズ2日間分の入場券が付いてくるので、「水遊び」と「山遊び」の両方が満喫できるのもうれしいポイント。ファミリーやカップル、友だち同士など、さまざまなシーンやシチュエーションにおすすめしたいスポットです!

マウナヴィレッジ
logo

※冬季は休館しており、2022年度は2023年1月10日~2月28日までお休みです。ご注意ください。